クマのプーさんと魔法の森 C.ミルン著 石井桃子訳

父A.A.ミルンの書いた『クマのプーさん』の主人公クリストファー・ロビンのモデルとして,幼いときからあまりにも有名になりすぎた著者が,その複雑な胸のうちを50歳を過ぎて初めて明かしたもの.父に対する愛憎とともに,〈プー〉にまつわるすべてを語った自伝的作品.(岩波書店HPより)

1977年初版 岩波書店

¥ 1,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。