愛を語る壺 串田孫一

昭和43年発行の串田孫一の詩集。
装幀・挿画も著者本人のもので、とてもかわいいです。
こちらも串田孫一の手による、栞付き。

後のサンリオとなる山梨シルクセンター出版部から出版されていた、”抒情詩集シリーズ”の中の一冊。
「美しいものには永遠性があり、美しいものを求める心には無限の夢があるのです。しかし、繁雑な現代人の生活のなかでは、ともすれば、この大切な心を人々は見失いがちなのです。
我々は皆さまとともに美しいものを求め、美しい心をはぐくむべく各種の本を出版していくつもりです」と、奥付ページに添えられています。

1968年初版 山梨シルク出版センター
ハードカバー ジャケット付き
全125ページ 約18.2 x 15.8 x 1.5 cm

状態:若干の経年感 表紙の左はじにへこみ(写真2枚目参照)

¥ 2,500

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。