プー横丁 熊のプーさん・つづき

A.A.ミルンの『クマのプーさん』は、戦前に石井桃子が翻訳し、岩波書店から出版されましたが、戦中は出版禁止に。そして戦後最初に出版したのは英宝社でした。
はじめに『熊のプーさん』が、そして「熊のプーさん・つづき」の『プー横丁』が続きました。かわいい函は桂ユキ子が挿画を手掛け、カバー付の本体はクラシックでとても素敵な装丁です。挿絵はすべてシェパードのもの。

昭和25年(29年増刷)英宝社 函入り ハードカバー・ジャケット付
全265ページ 約19×13.6×2.3cm

状態:函・カバーともに、ヤケ、すれ、角破れ 小口シミ 全体的に経年感ありますが、ページの折れや破れなどの目立った問題はありません。

¥ 3,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

通報する