ギイド・アンアン パリからの旅 堀内誠一

堀内誠一が70年代の変わりつつあるパリに移り住んだ8年間を
色鮮やかなスケッチとユーモアと知識のたっぷりつもった文章で紹介する本書。

アンアンの連載に多くの加筆をして書籍化したもので
大きさは『地球の歩き方』などガイドブックを少しだけ大きくしたサイズ、
ビニールカバーがついていたり、巻末に”フランス美術館全ガイド”がついていたりと、しっかりとガイドブックらしい作りになっています。
全319ページという気合の入りよう!
この連載を読んで当時のアンアン読者がフランスに夢をはせたのかと思うとなんだか羨ましくなります。

昭和56年平凡社初版
約21×12.6×2㎝ 小口にシミ、本体にゆがみあり

¥ 2,200

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。