山に還る

1958年に白水社より翻訳出版されたFrison-Roche(フリゾン・ロッシュ)の『Retour a la montagne 山に還る』。
登山家であり、山岳小説やサハラ砂漠を舞台にした小説の作者として、フランス文壇において得意な存在をなす存在だったフリゾン・ロッシュは、処女作『ザイルのトップ』の出版では苦労をしたものの、第二次大戦ですっかり疲弊し絶望に沈んでいたフランスに、立ち上がる勇気を与え、受け入れられた。
当時待望されていた彼の山岳小説第3弾にあたる小説。
山の写真が刷られたカバーをめくると、洋書のハードカバーのよう。
256ページ 20.4 x 15.6 x 2.2 cm

¥ 1,200

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。