わたしの手袋博物館

¥ 1,000 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料300円が掛かります。

再入荷についてお問い合わせをする
<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

通報する

パリやイギリスで手袋作りを学び、帰国後は手袋のオートクチュールや手袋専門店を営んでいた福島玲子。本書は彼女がずっと出版したいと願っていた念願の「手袋の本」です。暮しの手帖社より2005年に刊行されました。
世界最古の手袋といわれるツタンカーメンの手袋や、中世のヨーロッパの華奢で美しい手袋、日本で伝統的に使われている職人の手袋など・・・ひとくちに「手袋」と言っても、時代や場所、用途や見た目は本当に様々で見ていてとても興味深く、おしゃれ心も知的好奇心も刺激される一冊です。